控除受けられるインプラント治療

インプラントは、医療費控除を使って治療をすることが可能であり、いくらかの価格を抑えていくことが可能になっています。治療費は、納税額に応じて負担金額が変動していくため、治療をする前に、歯科医師などに相談していくことが大切になっています。インプラントをするときに医療控除を受けたいと考えている人は、他の治療費の領収書なども保存して、確定申告をすることで、さらなる控除を受けることが可能になっています。処方薬以外の薬に対しても控除を受けることができるため、1年間のさまざまな領収書をとっておくことが重要です。

医療費控除のインプラント治療

1年間で治療費の合計が10万円を超えた場合は医療費控除の対象になり、確定申告をすることで税金がいくらか戻って来ます。これは1本あたり数十万円かかるとされるインプラント治療も対象になります。医療費控除を利用する際は治療にかかった明細書などが必要になるため、しっかりと保管をしておきましょう。また治療費はその年の1月1日から12月31日までの合計になるため、12月に入ってからインプラント治療をすると治療費の合計が10万円以上にならない可能性があるため注意しましょう。高額な歯科治療は基本的に全額自己診療なので、税金をいくらかでも戻し、負担を減らしましょう。

↑PAGE TOP