インプラント治療の期間について

インプラントの治療の期間は、トータルで3か月から10カ月ほどかかります。顎の骨に穴をあけて、器具を埋め込むという外科手術が必要となるため、ある程度の期間は必要となります。人によっては、口腔内の環境や、骨の硬さ、大きさなどは人によって違うため、治療も人それぞれ、歯周病や虫歯などがある場合には、先にその治療もしなければいけません。かかる期間については、くわしくは主治医と話し合って、自分がどうしたいのかということを話したうえで、どのくらいの期間がかかるのかを確認することが大切です。

インプラント技術の発展とは

インプラント技術の発展によって多くの歯の悩みが解消されています。かつては事故や老化、虫歯などで歯を失うともう二度と生えてくることはなく、入れ歯などで代用せざるをえませんでした。しかし今では歯科技術を駆使して、失った歯を再生させることが可能となっています。詳しくは顎の骨にボルトを打ち込んで接着させ、その上部構造にはの土台を築き上げてセラミック製の人口の歯を装着。このようなインプラント施術の過程を経て、以前と全く変わらない状態にて歯に触れる感触、噛む力、そして何よりも食べる喜びを取り戻すことができるのです。

↑PAGE TOP