前歯にインプラントを入れる

前歯にインプラントを入れると、嚙み合わせが良くなる、会話をしやすくなるなどのメリットがあります。前歯がない時は食べ物を嚙みにくいため、あまり嚙まずに飲んでしまうと想定されます。胃の消化にも良くないことから、健康面でも不安を感じている可能性が高いです。前歯にインプラントが入ると、歯の代わりとして活躍するため、嚙みながら食べられます。そして、よく噛んだ食物は胃にとっても最適な効果につながります。歯がないと会話をしにくいですが、その代理として入った歯により、上手く喋ることができるようになります。

インプラントで大事なことの情報

インプラントとは、入れ歯などと並ぶ義歯の一つです。チタンという金属が骨と結合する性質を利用して、チタンでつくった歯根を歯茎に埋め込む外科手術を伴う治療法です。入れ歯よりも自分の歯のように違和感がないところがメリットとされています。義歯なので虫歯にはなりませんが、衛生状態が保たれない場合にインプラント歯肉炎を引き起こす場合があり、炎症が顎の骨に及ぶことにつながるため、定期的なメンテナンスを行う必要があります。

↑PAGE TOP