インプラントは自然な見た目

歯を失った時に、その部分を埋める方法として入れ歯とインプラントがあります。入れ歯は比較的安価でできるのですが、ふとした拍子に外れてしまうこともありますし、部分入れ歯だと金具が見えてしまうので、見た目がよくありません。しかし、インプラントは人工の歯を取り付ける支柱部分を歯茎に埋め込み、その上にセラミックやジルコニアなどで出来た被せ物(クラウン)を取り付けることになるので、見た目にも本物の歯と同じようになります。

インプラントできれいな歯

前歯など目立ちやすい部位は、事故や歯周病が元で抜けたり、大きく欠損してしまうと義歯を使用する必要が出てきます。そこで注目されているのが、オールセラミックを利用したインプラントです。噛む力を衰えさせる心配が無く、何より元の歯に限りなく近い状態で復元することが出来るので、きれいな歯を維持したいと思っている方は、インプラント治療を行っている審美歯科クリニックを利用して治療を受けるという方が増えてきています。

↑PAGE TOP