インプラント治療時の医療費控除

インプラント治療を受けた場合、その治療費は医療費控除の対象となります。計算方法としては、掛かった医療費の総額から一定の金額を引いた金額をその年の所得から差し引くことになります。一定の金額は所得金額によって変わってきますが、10万円を目安とするといいでしょう。インプラント治療以外の医療費も控除の対象となりますので、他の病院に支払った金額や薬局などで医薬品を購入した金額も対象となるので忘れないようにしましょう。医療費控除は年末調整での還付ではなく確定申告が必要ですので、手続きを忘れないようにしましょう。

医療費控除で安く治療を受ける

インプラントは天然歯と同じ機能と見た目を取り戻すための歯科治療です。しかし、その効果の高さから1本あたり30万円ほどの費用がかかるため、躊躇してしまう人も少なくはありません。安いクリニックを探せば10万円ほどで治療を受けることも可能ですが、費用ばかりに気を取られて安かろう悪かろうでは意味がありません。そこで、お勧めするのが医療費控除を適応させることです。医療費控除とは、1年間にかかった家族の医療費合計が10万円を超えた場合に税金の一部が還付される制度です。これならインプラント費用を削減することができるでしょう。

↑PAGE TOP