母子家庭インプラント医療費控除

歯科治療費用について、母子家庭の場合は医療費控除があります。インプラントは補助の対象になっていない地方自治体が多く、お金がかかり、差し歯や入れ歯にすることが多いです。母子家庭医療費控除は支払金額での支払額の上限がきめられています。地方自治体によって受給の方法はちがいます。インプラントにする場合は事前に歯医者に相談をすることをおすすめします。歯科治療は大変進歩しています。さまざまな歯科治療法が確立し、歯医者の技能も進歩し、多くの患者の実例から最善の治療方法を説明してくれます。医療費が少なくてすみます。

インプラントに医療費控除が適用

歯を人工歯根で埋めるインプラント治療ですが、医療費控除が適用されます。インプラントは生まれつき歯が足りなかったり事故で歯を失ってしまった方に対する治療法ですが、歯根が金属で出来ていてかつ手術を行うため1本約40万とかなり高額になります。それにもかかわらず保険は適用されません。しかし一年間に10万円以上の医療費を払った場合に治療費と総所得金額に応じて所得税が軽減される医療費控除は適応の対象になります。治療費は高いからと手術を諦めていた方も、領収書をきちんと保管して申請を行えばお金が節約できます。是非参考にしてみてくださいね。

↑PAGE TOP